道着のたたみ方

当然のように、空手の練習は道着を着て行います。

では、練習が終わって洗った道着はぐちゃぐちゃにしていませんか?

「帯の乱れは心の乱れ」

といいます。帯だけでなく、道着だって同じです。アイロンをしろとまでは言いませんが、せめて、洗い終わった道着をちゃんとたたむと、次の練習までには、そこそこ形が整っていて気持ちがシャンとしますよ。 

今回は道着のたたみ方を説明します。

と言っても、画像のとおりにしてもらえばいいので、文字はほとんどありません。

広げて整える

手で整えるだけでも、ある程度はシワなくたためます。

上衣と下衣を重ねる

下衣に合わせて、上衣を折る

左右どちらからでも大丈夫です。

上衣に合わせて下衣を折る

全体を3等分か4等分で折る

帯と一緒にしまう

好みですが、帯で道着を巻くと、着るときに面倒です。

終わり

いかがでしたか?

簡単なので、是非小さいお子様とも一緒にやってみて下さい。

投稿者: keisuikansagamihara

相模原市中央区の空手教室です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。